一般歯科

虫歯の原因は、歯質・細菌・食べ物の3大要素に加え、
時間の経過が加わり虫歯ができます。

患者様の痛みに最大限配慮し、無駄に削らない治療を行います。

ほとんど自覚症状は
ありません

この時に治療をすれば
痛みもあまりなく
簡単に終わります。

しみるように
なってきます

この時に治療をすれば
神経をとらずにすみます。
一刻も早く治療しましょう。

激しく痛むこと
があります

ここまで進行すると神経を
とらなければいけません。
神経が無くなると歯は
もろく欠けやすくなります。

腐った根だけが残り、
根の周囲にたまった膿で
口臭もひどくなります

神経の治療ができない場合
歯を抜かなければ
いけません。

Treatment content

虫 歯

歯周病の説明〈全身を結びつける内容〉

  • ❶ 歯茎の検査を行い、それを元に治療方針を決定します。
  • ❷ 歯垢を取って、細菌を少なくします。
  • ❸ 歯石を丁寧に除去します。
  • ❹ 歯の根をきれい掃除して歯肉の炎症を治めます。
  • ❺ 歯を研磨をして汚れをつきにくくします。
  • ❻ 治療後も自分でのケアは必要ですので歯みがきなどの指導をします。

歯ぐきが赤い
時々血が出る

プラークや歯石が原因で
歯肉に炎症がおきている

歯ぐきが腫れて
歯周ポケットが深くなる

歯ぐきで細菌が増えて
膿を出したり、歯肉や
骨が壊れ始める

口臭や膿が気になり
食べにくい
時々腫れて痛みが出る

骨がだいぶ壊れる
歯の根の周りで
炎症が進む

腐った根だけが残り、
根の周囲にたまった膿で
口臭もひどくなります

歯ぐきが歯を支えられなり
根の周りの炎症がだいぶ進む
ほっておくと歯が抜ける

歯周病セルフチェック
  • ・歯ぐきに赤く腫れた部分がある
  • ・口臭がなんとなく気になる
  • ・歯ぐきがやせてきたみたい
  • ・歯と歯の間にものがつまりやすい
  • ・歯ブラシに血がついたり、歯をみがいたあとすすいだ水に血が混じることがある
  • ・鋭角的な三角形ではなく、歯と歯の間の歯ぐきがうっ血していてブヨブヨしている
  • ・ときどき、歯が浮いたような感じがする
  • ・指でさわってみて、少しグラつく歯がある
  • ・歯ぐきから膿うみが出たことがある

Treatment content

歯周病

ノンクラスプデンチャー

金属を使用しないので入れ歯だと気付かれないです。
また、残在歯への負担が少ないです。

保険の入れ歯

保険適用の入れ歯でも性能的には十分ですが、
審美入れ歯に比べ、耐久性が低く、審美性やフィット感が劣ります。

金属床

プレートを金属で作ることで、高い強度や、
厚みを薄くすることができ違和感のない食生活を取り戻せます。

Treatment content

入れ歯

薬を塗布したり歯の表面をコーティングすることにより症状を抑えます。
また噛みあわせが影響していることもあるため、こちらも検査します。

Treatment content

知覚過敏

マイナス一歳からの虫歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にむし歯菌はおらず、
赤ちゃんと接する大人、特に一番身近で接するお母様から、
お子様に虫歯をうつしてしまうケースが最も多いと言えます。
また、最近の研究では妊婦さんの歯周病が、
早産、流産、低体重児のリスクを増大させることがわかってきました。
安全な出産とお子様の健康を守るために、
妊娠中にむし歯や歯周病の治療、お口のケアなど、細菌のコントロールを始めましょう。

妊娠中の治療について
妊娠中に受診しやすい期間

・安定期(5〜7ヶ月・16〜17週)
この時期は比較的安全に治療を行える。
必要な治療は相談の上、計画を持ってこの時期に行うとよい。

マタニティ歯科として
生れてくる赤ちゃんのために

妊娠中は、つわりやホルノンバランスの変化でお口のトラブルが発生しやすい時期です。
安定期に入ったら、一度お口の中のチェックをうけましょう。

❶ 生れてくる赤ちゃんへ

出産前にお母様のお口を健康に!!歯がはえる前の赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。虫歯は周囲の人(ママやお世話をする人)を介して感染していきます。目安としては3才くらいまで注意が必要。

❷ 妊娠中のお口の病気

妊娠すると、女性ホルモン(エストロゲン)の増加により歯周病になりやすくなります。

妊娠性歯周炎

妊娠初期はホルモンバランスの急な変化で歯肉の出血や腫れがおきやすい。気付いた時には症状が悪化していることがあります。

虫歯・歯周病

つわりで、充分なハミガキができない日が続くと、虫歯や歯周病のリスクが高まります。通常よりもしっかりとしたケアが必要です。

妊娠性エプーリス

女性ホルモンの増加により、妊娠初期〜中期にかけて、出血を伴うハグキの腫れがみられることがあります。産後に自然に消えることが多く、特別な治療は必要ありませんが、歯周病を併発しやすいため、注意が必要です。

❸ こまめなケアをしましょう
寝る前にはハミガキを

就寝中のお口の中は、細菌がもっとも繁殖しやすい状態です。寝る前に、できるだけお口のケアをしましょう。(もちろん、起床時や食後のケアも大切です)

こまめにうがいを

つわりがひどい時期は、ハミガキもつらいはずです。そんな時期は、無理をせずこまめにうがいをしてお口の中を清潔に保つようにしましょう。特につわりで、嘔吐してしまった後などは、胃酸でお口の中が酸性に傾いているため、うがいをしましょう。洗口剤の併用がおすすめです。

❹ 安定期に入ったら、歯科医院へ

クリーニングの時期でよいのは、妊娠中期です。来院時には、母子手帳を持参のうえ、産婦人科より注意を受けていることや持病や既往歴などがあれば受診時に伝えてください。

神経に触る可能性がある治療には、必ず麻酔を行っております。

Treatment content

マタニティー

〒 489-0905 愛知県瀬戸市はぎの台4丁目86番地

0561-42-8020

24時間オンライン予約
診療時間
電話をかける
24時間オンライン予約